aoyama flower market💐

みなさんおはようございます😃☀
前回の2つのブログでなんとなく初心に帰ってみた私なのですが、そのせいもありまして、すごく、いま勉強に進撃に向き合いたいな〜と思う志でございます(;ω;)!いい傾向ですね笑笑このような気持ちになることって、何かをきっかけにしないとないものかと思っていましたが、どうやらそういうわけでもなく。丁寧に生きたいと思う今日この頃でございます🌟なんだか今にも終わりそうな文から書き始めてしまった今日のブログでありますが、、😹
さあ、気を取り直して今日も素敵な店頭看板紹介していきたいと思います!じゃんっ👇

19AABBC9-6851-4503-86D9-87692F5DD276.jpg

毎度おなじみ、素敵な花屋さん、aoyama flower market💐(*´︶`*)❤︎
どこのaoyama flower marketさんに訪れてもみんな素敵なてのこった店頭看板を掲げて下さっています٩( ᐛ )و💐同じ人が描いているのかな?と思う程。😹字のタッチが独特で、カクカクしているんです。しかも、どこのaoyamaflowermarketさんも全て!笑笑いや言い過ぎました少なくとも池袋と松戸店はそうです、、でも不思議ではありませんか?そこ統一感出す?と思いました。描いている人の独特な癖かと、、🐌
でも、父の日!お花を🌼プレゼントするの、どうなんだろ?母の日は定番だけど、、、と思って躊躇している人の背中を押してくれる看板ですね(^O^)



カリスマスタバ

そして、皆さんおなじみ、スターバックス☕️
私の最寄駅の近くには、スタバがありません。しかし、都内の駅にはほとんとスタバが構内にある状況なんですよね(;ω;)!東京に来て一番びっくりしたのはそこかもしれません。あのおしゃれなカフェ、スタバがこんなに近くに手軽に手に入る場所にあるなんて、、、!✨と驚きと嬉しさでいっぱいでした。あの頃は、学校通い出したら毎日でも行ってやろう!と意気込んでいたのですが、実際のところ、少し足を伸ばせば、周りは他にもおしゃれなカフェで溢れていて。スタバ"なんか"に行く時間がもったいない、って。寂しいものですよね(;ω;)若いって恥ずかしいし寂しいけどそんなもん。笑
てなわけでそんなスタバの店頭看板も今日はご紹介👇
A8BF3AFD-A967-4FED-8EAE-03D97CA5A521.jpg

松戸駅のものなんですが。
cold lew その文字だけでも、シンプルですが細やかな意外と思いつかないだろうセンスある工夫が見られます(*´︶`*)❤︎富士山柄🗻笑涼しさを感じる色の組み合わせですね!でもこの色を発想に持ってくる人、センスある✨👏
他は主に白を基調として、この店頭看板の主役はあくまで、真ん中のコーヒー!不思議なオーラを持ってますね、、はたしてこちらは写真?イラスト?👇
E1016BFF-7736-472D-9EF3-BDB369E705CB.jpg

イラスト!だああああ(;ω;)(;ω;)(;ω;)
すごい!!近くでみると色の塗り方がわかるから、リアルさはかけますが、ただただ技術に感心。色の混ぜ方が、立体感を強調してるんでしょうね。カップのまわりの水滴もすばらしすぎる、、細かいですねえ。でも1つでもかけると一気にリアルさから遠のいてしまう。スタバの店頭看板はほんとに芸術作品ですよ。有名な画家👩‍🎨が描いているのかと思うほど。永遠の憧れです、店頭看板界の笑
接客も、味も、店頭看板さえ、全てにおいて完璧を提供するスタバだからこそ、ファンが続くんでしょうね(^O^)
posted by りのん at 01:16日記

ロキシタン

みなさんこんばんは(;ω;)
今日はたまたま、松戸に初上陸しました😹
昔初めて渋谷に上陸したとき、母とロキシタンのカフェに訪れたのをふと思い出しました。当時の私はロキシタンカフェなんて微塵も知らず、なにそのおしゃれな響き!わくわくする!と、はしゃいでいましたまさか、ハンドクリームを主に扱うおみせだとは知らずに(*´︶`*)❤︎
かわいいもんですね。それがどうでしょう。1年以上も東京に通いだすと、ロキシタンなんてそこら中にある、何も珍しくない、と思うようになってしまったのです。東京に来て、便利なこと、流行の最先端を昔よりはやく追いかけやすくなって、昔の自分の目にはキラキラとうつっていたものが、ぐんと手に入りやすくなってしまったのかもしれない。それって少し寂しくて、でもふとその寂しさに気づけたことって、まだだいぶマシなことなのかな、って思ったりしました(*´︶`*)❤︎
そんなんで、こんなことをふと謎のタイミングで思いださせてくれたロキシタン看板をパシャり👇

53998919-6DCC-4781-A183-34BDB8040C51.jpg

うん。
やっぱり化粧品を取り扱うブランドの中でも、安定の繊細さ✨👏
無駄なものを感じさせない、けれど物足りなさも感じさせない。大事なこと、必要な情報、お客様のためを思って伝えたいことだけを伝えてくれてる。繊細さ、本質を大切にする丁寧さ、それらはこのロキシタンの手がける製品そのものにも共通して言えることかもしれない。
イラストに関しても、一番目立つべき存在というわけではないことをわかっている。全体のバランスを考慮して、そこにイラストがあったら綺麗に見えることが計画されている。思いつきで書いたわけではない、ちゃんと裏にモデル、いわば下書きが用意されているだろうことが予想される。丁寧さが溢れ出る、素敵な看板だ。
しかし、しいといってはなんだが、下の方になるにつれて、字が細く小さくなってしまっているのがもったいない。笑笑計算外な看板の大きさだったのであろうか。おっちょこちょいさんが。笑笑
それとプロヴァンスってなに?と思う客がいそうだ。ロキシタン通ではおなじみの言葉かもしれないが、ロキシタンを普段あまり手にしない客なら英語に詳しくない限り、伝わりにくそうだ。
悔しい点もあるが、まだまだのびしろのある、いい店頭看板だ。
posted by りのん at 00:47日記